本文へスキップ

楽団紹介PROFILE

正指揮者 大澤 健一

岡田 太郎

国立音楽大学器楽科首席卒業。東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団に入団。
テューバ奏者として数多くのプロオーケストラに出演。また数々のブラスアンサンブルを結成。中でも東京バリ・テューバアンサンブルは、米国ワシントンで開催された世界TUBA国際会議に出演、札幌で開催された同国際会議ではソリストと指揮者として出演。
2002年8月韓国済州島にて開催された国際金管フェスティバルのコンクールの審査員を行う。
また東京佼成ウインドオーケストラではたびたび出演、同楽団の桂冠指揮者フレデリック・フェネル氏に師事する。東京シティフィルを退団、指揮者として活動、現在に至る。
国立音楽大学くにたちウインズ常任指揮者 として、ウインドアンサンブルの名曲コンサートを2005年から毎年開催。また音大卒業生、音大講師陣によって結成されたウインドアンサンブル、ハーツウインズの音楽監督を2010年より務める。2012年同楽団のCD「ハーツウインズライブ2012 本当のアルメニアンダンス」ディスクユニオンから発表。
これまでに東京佼成ウインドオーケストラ、東京吹奏楽団、シエナ・ウインドオーケストラ、大阪市吹奏楽団などを指揮している。指揮法を高階正光、湯浅勇治、クルト・レーデル各氏に師事。国立音楽大学、桐朋学園短期音楽大学各講師、ハーツ・ウインズ音楽監督。
東海市吹奏楽団とは2011年から2013年にかけて正指揮者として、また2015年に開催した50周年記念演奏会において客演指揮者として共演。2018年より再び正指揮者。


運営委員長 所 貴大



音楽委員長 岡田 太郎

岡田 太郎

2011年より、練習時の指揮等を担当する音楽委員長を務めています。 東海市吹奏楽団では、私が入団するずっと以前から「心に響く音楽」を目標に活動を行ってきました。 聴いていただけるお客様に、「また聴きたい」「TBが好きだ」と言っていただけるような演奏を続けていくため、楽団員全員が日々努力をしています。
※「TB」=Tokai city wind music Band のTとBを併せた通称です。(一説によれば「テンションBand」のTB、「テキトウBand」のTB、という噂もあります)

元々は中学校のOBバンドとして発足したこの楽団も、創立から50年が過ぎ、現在では年齢や職業、居住地及び出身地など、多種多様な団員で大家族のような楽団を構成するようになりました。 それ故に楽団員それぞれが培ってきた音楽の経験値や価値観も多種多様でありますが、「心に響く音楽」という一つの目標の実現に向け、それらを一つ一つ摺り寄せ、足りない物は補い、支え合い、日々努力しています。 私も楽団の音楽委員長として、その努力の中心となれるよう邁進していく所存です。
東海市吹奏楽団はこれまで非常に多くの方に応援をいただき、支えていただき、音楽活動を続けてこられた幸せな楽団です。 今後も音楽委員会の面々や団員全員と皆で協力し、これまで以上に皆さまから愛され、そして団員自身も楽団をもっと愛することができるように、TBがより「大切な場所」となれるよう、心に響く楽団を目指して努力を続けていきたいと思っています。
また、皆様には是非、一度私たちの演奏会に足をお運び頂き、日頃の楽団の努力の成果をお聴きいただければ幸いに思います。
まだまだ未熟な面も多い楽団ではありますが、とにかく一生懸命な楽団です。今後とも何卒応援のほど、宜しくお願い致します。